勉強

資格取得しておくと今後活きる職業|整体師を目指すなら

世の中の役に立ちたい

男性

奥が深い

義肢装具士とは、手足に欠損や障害のある人のための義肢や装具の寸法を測ったり、作ったり身体に合うように直したりする仕事で国家資格を必要とします。義肢装具士は技術職であると同時に医療関連の仕事でもあるので、患者のリハビリのサポートや看護師や医師や理学療法士との連携も必要です。そして義肢装具士になるためには大学や専門学校での3年以上専門教育を受けて、必要な単位を取得して国家試験の受験資格を得る必要があります。義肢や装具の進歩は早く資格を取得してからも、最新の技術や知識を身につける必要があるため研究熱心で努力が苦にならない人が向いています。義肢装具士の資格を取得すると一般的に義肢装具を作る会社に就職することになります。収入については就職した会社によって異なります。

研究熱心な人

義肢装具士は個人によって異なる身体の形やサイズを測ったり、石膏をもちいて型を取ったりして義肢や装具を製作します。また義肢や装具が出来上がった後でも、臨機応変に修正します。義肢は手足を欠損した人のための人口的な手足であって、機能性と使いやすさや安全性が必要とされ先端技術も取り入れられています。装具は手足や体幹に障害や問題が生じた場合、その代わりの役割をしたり機能回復のための治療に用いたりする道具です。義肢装具士はこれらの義肢や装具を一人一人に適合するように製作する必要があるので、職人的な緻密さが要求されます。そして患者や連携して仕事する看護師や医師やセラピストとの高いコミュニケーション能力も大事になってきます。