勉強

資格取得しておくと今後活きる職業|整体師を目指すなら

社会的信用の為に取得

カウンセリング

数は少ない

心理学は現代の複雑な環境下において重要視されている資格です。物理的に解明できないものでも心理的な作用で説明される場合もあります。また人間の心を落ち着かせたりする効果も心理学にはあります。医学的に解明できないものであっても心理学で解決できる要素もあり得るのです。しかし心理学を国家資格として取り扱っているものは一つもありません。あくまでも日心連に認可されている認定心理士、臨床心理士、心理学検定があるのみです。国家資格ではありませんのでその資格で独立することは難しいのですが、心理学を取り扱うものとしてある程度の説得力のある材料になります。心理学は形に見えるものではありませんのでこのような資格が取り扱う者の後押しをしてくれるのです。

難易度は臨床心理士

認定心理士は、心理学を勉強したことを証する資格となります。例えば大学で専攻していたなど単位とは別に社会的な認定資格になるのです。学会側に申請しただけで取得することができるため、第三者への説得力はあまりないのも事実です。臨床心理士はカウンセラーとしての資格です。心理学の中でも一番難易度が高い資格となります。大学院を卒業する事と試験に合格する二つの要件を満たす必要がありますので社会的信用度もその分高く取り扱ってくれます。独学で勉強しても取得する事の出来ない資格であります。取得するにはそれなりの費用なども掛かるのです。検定試験は間をとったような位置づけにあります。勉強したことを社会的に認めてもらうためのものです。